現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法!

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。

MENU

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

ブログが移転しました。5秒後に以下のアドレスに移動します。

スポンサーリンク

腰痛やヘルニアをもっている人は坐骨神経痛という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛には密接なかかわりがあります。本記事ではそのことについてご説明をしたいと思います。

 

坐骨神経ってどこにある神経?

坐骨神経とはお尻の奥から伸びている神経で、お尻の筋肉の中をかいくぐりながら、足先まで伸びており、長さは1mほどあります。

f:id:rigaku1:20160110170001j:plain

具体的にご説明すると、腰椎の4・5番目の神経と1~3番目の仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、梨状筋(りじょうきん)というお尻にある筋肉の下から大腿の後面を通り、ひざの裏(大腿の下3分の1の高さ)で総腓骨神経と脛骨神経の前後に分かれて伸びています。また、坐骨神経は皮膚に近い位置を走っているので、動作などの影響が出やすいという特徴を持っています。


坐骨神経痛とは病名?

坐骨神経痛とは病名ではなく症状です。
坐骨神経が何らかの原因により圧迫されることで、坐骨神経痛が現れてきます。この別にある原因が坐骨神経痛を引き起こしています。

 

坐骨神経痛を引き起こす原因とは?

では、どのような原因が坐骨神経痛を引き起こすのでしょうか?
具体的には下記のようなケースがあげられます。

①椎間板ヘルニアによる坐骨神経の圧迫
②腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経の圧迫
③腰椎分離症・すべり症による坐骨結の圧迫
④梨状筋による坐骨神経の圧迫
⑤腫瘍による坐骨神経の圧迫 

このような原因がもとにあり、坐骨神経痛があらわれてきます。では、ここでは①椎間板ヘルニアによる坐骨神経の圧迫について考えていきたいと思います。

 

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛の治し方

腰椎椎間板ヘルニアでは椎間板が後方にズレるので、それが隣接している坐骨神経を圧迫するために坐骨神経痛を引き起こします。


では、腰椎椎間板ヘルにが原因で起こった坐骨神経痛を改善させるにはどうすればいいのでしょうか。まずは、坐骨神経痛を引き起こす原因(坐骨神経を圧迫している原因になっているもの)の治療をすることが必須です。

腰椎椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛を引き起こしているのであれば、その治療をまず行うことが第一です。

・椎間板ヘルニアの治し方のまとめ目次はコチラ

・椎間板ヘルニアの保存療法・手術療法のご説明はコチラ

上記の治療を行なった上で、これからご紹介する方法を行うようにしましょう。よく、「〇〇運動で坐骨神経痛が治る!!」などということが言われますが、少し誤解をまねくような表現ですよね。まずは、坐骨神経痛を引き起こしている原因を特定し、それに対する治療を行うことが大前提です。それを行なった上で、「〇〇運動で坐骨神経痛が治る!!」などで紹介されている運動をするようにしましょう。そうしなければ、いつまで経っても坐骨神経痛は改善されません。

 

坐骨神経痛を改善させる方法

具体的な内容を下記の4点にまとめました。(クリックで記事の詳細をご覧になれます^^)

坐骨神経痛のストレッチ
坐骨神経痛の柔軟体操
坐骨神経痛の筋トレ
坐骨神経痛の温熱療法

この上記の4つを坐骨神経痛を改善するためには行う必要があります。

坐骨神経痛は本当にお辛いと思います。少しでも早く坐骨神経痛の症状が緩和されるよう、少しずつ始めてみましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク