現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法!

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。

MENU

反り腰3 反り腰を治す柔軟体操

ブログが移転しました。5秒後に以下のアドレスに移動します。

スポンサーリンク

 

反り腰1の記事では、あなたが反り腰であるかチェックしましたね。まだチェックしていない人は先に反り腰1の記事からご覧ください^^自分が本当に反り腰なのか確認しましょう。では、これから反り腰の人が行う必要のある下記の4項目についてご説明していきます。

 

①反り腰を治す筋肉のストレッチ

②反り腰を治す柔軟体操

③反り腰を治す筋トレ

④反り腰にならない正しい姿勢を知ること

 

ここでは②反り腰を治す柔軟体操の方法についてご説明したいと思います。

 

 

 

反り腰を治す柔軟体操とは

反り腰とは腰の骨が反っている状態です。専門的な表現をすると腰椎の前弯カーブが強くなり、骨盤が前傾している状態です。これを治すには腰の骨が反っている方向とは逆の方向にむけて腰の柔軟性を高める必要があります。

 

反り腰の人は無意識のうちにずっと腰を反らした姿勢で生活しているために、腰を丸める方向の柔軟性が低下していることが多いです。腰の柔軟性を改善しなければ反り腰は治りません。ではこれから反り腰の人が行う柔軟体操を3種類ご紹介します。

 

 

①腰丸め体操

1、寝た姿勢で膝をかかえ、2秒ほどかけてゆっくり膝を胸の方向へ抱え込みます。

f:id:rigaku1:20151226115750j:plain

背中から腰の筋肉が伸びていることを確認しながら行いましょう。痛みが出ないか確認しながら、5秒間ずつ10回行いましょう。

 

 

②腰倒し運動

1、ひざを軽く曲げた状態から、2秒ほどかけてゆっくり腰を曲げていきます。

f:id:rigaku1:20151226115810j:plain

背中から腰の筋肉が伸びていることを確認しながら行いましょう。痛みが出ないか確認しながら5秒間ずつ10回行いましょう。

 

 

③骨盤体操

1、四つ這い姿勢をとります。

f:id:rigaku1:20160110162819j:plain

2、腰を丸めるように動かします。ポイントは恥骨を前に突き出すように骨盤を動かすことです。このときお腹とお尻に力を入れるようにしましょう。

f:id:rigaku1:20160110162814j:plain

この恥骨を突き出す動きは反り腰の原因となっている腰の骨のカーブと骨盤の前傾を改善します。お腹とお尻にしっかりと力を入れて骨盤の動きを出していきましょう。痛みが出ないか確認しながら5秒間ずつ10回行いましょう。

 

 

反り腰の人はこの3種類の柔軟体操を行いましょう。何日か継続していくことで、背中から腰にかけての柔軟性が向上することに気付くと思います。腰の柔軟性(特に腰を丸める方向の柔軟性)改善なくして、反り腰は治りません。反り腰2記事でご説明した反り腰を治すストレッチと合わせて行うことで、反り腰に影響している筋肉と関節の硬さを改善させることが可能です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク